定期券代をお得に買うコツ!なんと2割以上節約できるケースも


定期券を安く買うコツって知ってますか?区間と金額は決まっていて割引はないけれど、ちょっとして工夫で、お得に定期券を買うことができますよ。

定期代を節約するコツ【その1】長期間買う

1番お手軽でみんな知ってるのが、できるだけ長い期間を買うという方法だよね。「1か月」よりは「3か月」、「3か月」よりは「6か月」の定期券を買った方が割引率が多いから得という方法ですね。

JRの中央線で「東京駅から八王子駅」の定期券代をみてみましょうか。
・1か月=2万1880円
・3か月=6万2360円(1か月あたり2万787円)
・6か月=11万4780円(1か月あたり1万9130円)

やっぱり金額の差は大きいですよね。まあ、定期券を落とした時に、あちゃって感じになるけど、スイカ定期券なら 利用停止とか再発行とかできるから安心で~す♪

定期代を節約するコツ【その2】ポイントを貯める

定期券をクレジットカードで買うと、カードのポイントが貯められてお得ですよね。鉄道会社が発行しているクレジットカードで定期を買うと、とお得にポイントがたまるサービスも結構ありますね。たとえばJR東日本の「『ビュー・スイカ』カード」の場合、定期代が年10万円なら、「600ビューサンクスポイント」ついて、1000円分のSuicaに交換することができますよ。ビューカードならスイカのチャージもできるから、ポイントも貯まりやすいですね。

定期代を節約するコツ【その3】定期の区間を分割する

前に紹介した2つのコツは、まあ当たり前にみんなやってると思うけど、裏技を一つ紹介しますね。特にJR線でよくあるケースなんだけど、「目的地までの切符を2枚に分割すると、1枚で買うより安くなる」という現象が結構発生します。

たとえば、JR京浜東北線の田端駅から横浜駅への料金は640円です。、これを「田端→品川」「品川→横浜」の2枚に分けて買うと、200円+290円で合計490円なんです。通しで買うよりも150円も安くなっちゃいます。

さすがに、途中の駅で一度降りて切符を買うのはやる人はいないでしょうが、定期券なら別じゃないですか?しかも、定期券なら品川駅で一旦下車する必要もありません。定期券を買うときに、申込書の区間に「田端→品川」「品川→横浜」と記入して、「分割定期券でお願いします」と言えばOKなんですよ♪

この区間の6か月の定期(通勤)を通しで買うと9万1510円ですが、分割で購入すれば6万8240円にまで節約できます。
この裏技はすべての区間で使えるわけではありませんが、ここまで節約できるのであれば、1度調べて見る価値はアリだと思いませんか?「切符 分割」などで検索すると、調べてくれるサイトが見つかりますよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする